映画GANTZ(ガンツ)をみた感想

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

友人に勧められて読んだコミック版GANTZにすっかりはまってしまったので・・・
先日公開になった映画GANTZを観てきました。

まさかあれが実写でできるわけないよなぁー。
あってもR指定とかされちゃうかもなぁ・・・

と思ってたけど
まぁ。。。

あまり無茶はしてないんですね。。

大まかなストーリーは同じような感じだけど
テーマ的なものが違うのかなぁ?って感じ。

「生きる」的なもの?「力を発揮できる場所」?的なとこが
私には少し違和感を覚えたところ。。


そして一番びっくりだったのが
前編・・・

なんだ、前後編だったんだ。。

ポスターにでていた山田孝之さんは後編メインだったらしく
予告にでていた程度

前編は、後編の予告だと思った方がいいかもしれない。


後編公開されたら、また観に行くんだろうなぁ
コミック版ファンの私は、別物と思って観た方が楽しめたかもしれない。。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ