マンガ「王様達のヴァイキング」を読んだ

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

王様達のヴァイキング(ビッグコミックス)
著者:さだやす、深見真
発行:1~6巻(続刊発売待ち)

コミュ症的な天才ハッカー少年が、エンジェル投資家と出会って仕事をしていくって話。
身近にハッカーっていないし、世の中では起きてるハッキングされた事件とかはまったく現実に起こっていることと思えなかったけど、このマンガを読んだ後ならなんとなく解るような気がする。

こんな世界もあるんだなぁと思うのと、マンガでは日本には少ないとされているベンチャー企業へ投資する投資家がいまの世の中増えているよねぇと思う時代的なものもあって面白い。

ただ、「王様達のヴァイキング」ってタイトルはちょっと違ったんじゃないかなぁと。
タイトルだけ見てたら読まなかったかもしれない。

続きが気になる面白いマンガ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ